様々な種類がある育児の教材から効果的なものを選ぶ

歴史について学ぶ

歯医者の歴史は古く、紀元前の時代から義歯があったとされています。また、虫歯などにあった時は、火をおこす木のドリルのようなもので歯に穴を開けていたと言われています。虫歯は、昔から治療が必要なものでした。日本では、明治維新前には、歯と口、喉の治療を行っている医師がいました。明治維新後、西洋の医学文化が入り、1875年の医師免許にて初めて歯科が導入されました。その後、1883年に歯科医として独立したものができ、現在もその流れがあります。医者と歯医者を別の試験で免許を取ることになっています。その後、第二次世界大戦中に医師法が改正され、医者と歯医者が一緒になりましたが、戦後、また、別れて現在に至ります。

歯医者は、全国各地飽和状態と言われるほど歯科医は多くなっています。そんな中、よりサービスの良いクリニック、技術のある歯医者、患者の気持ちにたった歯医者が生き残る時代へとなっております。また、今後の動向として、歯医者は、虫歯になった歯を治療するだけでなく、より美しい歯へ、また、年を取っても自分の歯で食事ができるようになるための予防を行うところが多くなっていくと予測されます。それも、乳歯が生えた乳幼児からしっかりと歯のケアの教育を行い、丈夫な歯でいるために何が必要なのか小児歯科から発信さらることでしょう。また、矯正やホワイトニングなど歯の美しさなどにも力を入れ、健康保険外の治療も多くなると予測されます。