多くの歯科 | 歯科治療で口内トラブル一掃!【歯医者を頼って美しく!】
様々な種類がある育児の教材から効果的なものを選ぶ

多くの歯科

歯医者の動向について

歯医者の動向について紹介します。歯医者はコンビニエンスストアの店舗数の1.6倍にも達しており、すでに飽和状態になっています。そのために歯医者間の競争は激化しており、経営状態も年々悪化の一途をたどっています。2005年の医療経営実態調査によると歯医者1人当たりの平均年収は737万円です。しかし歯医者の4人に1人は年収200万円以下の状態です。歯医者は儲かっているイメージがありますが、前述の状態が実態です。もう1つデータがありますので紹介します。1987年から2004年の全国の医療機関の倒産は628件でした。内268件は歯医者の倒産で割合にすると43%になります。これからもしばらくは倒産する歯医者が増加するものと予測されます。

私たちが注意すべきこと

今度は私たちが注意すべきことについて紹介します。80歳で20本以上の自分の歯を持ついわゆる8020を達成した人は、達成していない人と比較すると医療費が低いという結果が出ています。歯の健康を維持することが医療費を抑えることにつながると言えます。 一方、ほとんどの日本人は歯が痛くならないと受診に行かないので、結果的にひどい状態になってから受診をするという傾向が高くなっています。健康な歯を維持するためには早期に受診し、早期に治療することが大切になります。そこで歯の定期健診を受けることをオススメします。そのことで日本の医療費を抑えることもできますし、さらに定期健診での受診が活性化すれば、歯医者の過剰問題も解決する可能性があります。